※ ポータルサイト構築ツール・タウンズ-X ※ 大規模なポータルサイトと構築と運営・管理を容易にします。

スポット情報 » 記事詳細

館山市の北部、JR那古船形駅西方の海岸に面した船形山中腹にあり、断崖の途中にはりついたように観音堂が造られていることから通称「崖の観音」と呼ばれています。養老7年( 723年)、東国巡訪中の行基がこの崖面に十一面観音を彫刻安置したのが寺の始まりとされ、観音堂背後に高さ 1.5mの磨崖十一面観音像があり、館山市の有形文化財に指定されています。観音堂は飛騨匠の作と伝えられる朱塗舞台造の建物で荒々しい岩肌との対照が印象的です。

07年10月19日 12,008

このサイトは、特定非営利活動法人南房総IT推進協議会(http://www.mbit.or.jp/)が構築運営しています。

事務局:千葉県館山市北条2395 有限会社安房ネット(http://www.awa.or.jp/)内

Tel. 0470-20-1271, Fax. 0470-20-1286